住福 翔 【21歳フリーランス美容師日記】

若干ハタチで前代未聞の3ヶ月でスタイリストデビュー後、フリーランスとして働いています。 日々の中で感じたことを書いていきます。

原点回帰

こんにちは!21歳 美容師 住福 翔です。

 

 

先日、美容学校時代の担任の先生、友人達と忘年会をしました。

 

 

卒業以来の友人もいましたがいい意味でなんにも変わらず終始、楽しくて。

 

 

ですが、やはり美容師として皆んなしっかりと見た目も中身も成長していました。

 

 

そんな姿を見れてなんだか僕も思うことが少し

 

 

 

学生時代、ふざけてばかりで

『目の前のやらなければいけないこと』

から目をそらして楽なほう楽なほうへと流れていた

自分。

 

 

 

 

もちろん一番近くでそんな僕をみていた先生、友人達もそのことを知っています。

 

 

 

 

文字通り、クズ 

 

 

 

生意気すぎて、時に教師に 大勢の前で

『あいつはみんな知ってるクズや!!』

 

と吐き捨てられたこともあります。(笑)

 

 

 

学校の顔になるような事はない僕ですが、

 

 

 

就職活動で唯一、僕を見捨てず可能性を信じ、

向き合ってくれた恩師に成り立ち

現状を報告でき個人的に義理を通すことができたかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代の変化を受け入れ、柔軟な思考で僕のやり方にも肯定的な先生、

 

僕を思って反対意見を言ってくれた友人、

 

今回のことを始める前から相談し後押ししてくれた友人達に

 

 

 

 

認めてもらえたことが嬉しくて。

 

 

 

 

人に認められる為に努力をするわけではありませんが

そんな事が僕にとって一つの通過点としてあって。

 

 

 

頑張っている。という言葉を少しは心から受け止めれる自分になれていたのでしょうか。

 

 

 

 

 

現状まだまだ一人前とは言えませんが、

周りより一足早く美容師の醍醐味を知れ

『美容師は楽しい』と毎日思っています。

 

 

 

 

応援してくれる友人、環境はみな違う中各々の場所で

頑張っている皆んなの背中をみて僕もまた前に前に進もうと決意できた日でした。

 

 

 

先生もおっしゃっていましたが、

『卒業してからもこんなに集まるのは珍しい。

本当に仲がいいな』

 

と。そんなかけがえのないリスペクトしあえる仲間たちは何よりも大切です。

 

 

 

 

 

上から物を言うようですが、

 

 

対等だからこそ

 

 

 

共になりたい美容師像に向けて頑張る仲間に

 

"少しでもいい影響を与えれるような自分になる"

 

のが来年の目標です。

 

 

 

 

底辺からどこまでいけるかわかりませんが

自分の限界を自分で決めず、

 

 

これからも高めていきます。

 

 

 

それが何よりの支えてくれる方々への還元。

 

 

 

誰よりも人に恵まれ助けられました。

 

 

 

出会えたことに感謝。

 

 

みんなありがとう。

 

 

 

 

 f:id:zoon1024:20171212003944j:image